小売り設備投資18%増 今年度見通し、消費増税見据え加速
イオン12%増、セブン&アイ最大の3400億円

2013/6/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本経済新聞社の小売業調査で2013年度の主要企業の設備投資額は前年度比18%増となる見通しだ。1社あたりの平均投資額がリーマン・ショック前の07年度の水準を上回った前年度に続き高水準になる。イオンやセブン&アイ・ホールディングスなどは海外市場の成長や14年春の消費増税を見据え、出店や改装を加速させる構えだ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]