/

この記事は会員限定です

ベンチャー投資活発化 新生銀など新ファンド

景況好転・株高受け

[有料会員限定]

大企業によるベンチャー投資が活発になってきた。新生銀行はインターネット関連企業に最大3億円を投じるファンドを創設、NTTドコモなど通信大手も新たなファンドを相次ぎ設けた。景況感の好転や株高を受けた新規株式公開(IPO)市場の活況が背景にある。大企業からベンチャーへの資金供給が定着すれば、新産業育成に追い風になりそうだ。

新生銀はネット関連ベンチャーに1社あたり1億~3億円を投資する16億円規模のフ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り745文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン