/

この記事は会員限定です

産業界は容認優勢 「企業研究足りぬ」の声も

[有料会員限定]

大学生の就職活動の開始時期を4年生の4月とする政府方針を経団連が受け入れる姿勢を示していることについて、産業界では容認する意見が優勢だ。三井物産は「企業側のメリット、デメリットよりも、学業の方が大事だ」とする。

日立製作所も「学業に支障が出ない範囲で、(開始を)後ろ倒しにするのは構わない」(広報・IR部)との考え。住友金属鉱山も「経団連のルールにのっとり、対応する」という。各社は3年生までは学業優...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り466文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン