/

この記事は会員限定です

地熱発電 発電量安定、開発には時間

きょうのことば

[有料会員限定]

▽…数百~数千メートルの地下からマグマによって熱せられた熱水や蒸気を取り出し、タービンを回して発電する。蒸気でタービンを回すのは火力発電や原子力発電と同じで技術的に確立している。発電コストは1キロワット時あたり10円前後と石炭火力や液化天然ガス(LNG)火力と同水準。太陽光や風力と異なり、天候に左右されず、発電量が安定していることも特徴だ。

▽…国別の潜在的な資源量をみると、日本には2347万キロワッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り324文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン