/

この記事は会員限定です

中国リスク、市場揺らす 景気減速、世界で関連株下落

デモ・暴動も響く

[有料会員限定]

中国景気の一段の減速や領土問題を巡る摩擦が、世界市場の波乱要因になってきた。今月に入って1兆元(約12兆円)の景気下支え策が決まったにもかかわらず、上海総合株価指数は3年7カ月ぶりの安値圏。先行き不安から中国への投資マネー流入が細る懸念もある。日本や欧米の株式市場でも中国とかかわりが深い建設機械や自動車株などの下落幅が大きい。

中国人民銀行(中央銀行)は25日までに金融政策委員会(四半期ごと)を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1017文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン