/

この記事は会員限定です

採用、大学絞り込む動き 就活短縮で効率優先

[有料会員限定]

経団連が倫理憲章を見直し、学生の就職活動を2カ月間短縮したことで、企業の採用活動に変化が起きている。短期間で効率的に採用するため、大規模な採用イベントで多くの学生を集めるより特定の大学での説明会や自社での説明会を充実するケースが目立つ。

富士ゼロックスは2014年新卒の採用で大規模な就活イベントへの参加をやめた。代わりに大学での説明会に注力、学部や学科が主催する小規模な説明会にも参加している。日立...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り237文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン