ユーロ安で消費に恩恵 輸入車比率が最高に、衣料や旅行値下げ

2012/1/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

歴史的な円高・ユーロ安の恩恵が消費者にじわりと広がってきた。欧州自動車メーカーは為替差益をローン金利の引き下げなどに反映させ、販売増を続ける。百貨店などでも値下げの動きが出始めた。ユーロは対円で昨年来高値から2割以上も下落。旅行でもメリットを実感できるほどだが、日本経済全体ではマイナス要因の方が大きい。

VWは金利優遇

日本自動車輸入組合は11日、2011年の外国メーカーの輸入車の販売シェアが過去…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]