大使車襲撃、デモ頻発…中国の心理は(真相深層)
日本への自信と不信 慣れぬ「対等」、思い屈折

(1/2ページ)
2012/9/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

丹羽宇一郎駐中国大使の車が北京で襲われ国旗を奪われた事件、頻発する反日デモ……。なぜ中国人は日本を意識するのか。そこには長い交流史上、初めて対等なライバルとなった日本への自信と不信が複雑ににじむ。

「日本は釣魚島(尖閣諸島の中国名)をかすめ取った。沖縄だって昔は中国だった。空母を持ったら島は取り返す」

「いやいや、小国フィリピンの南シナ海での挑発とは違う。日本人は頭がいい。今回の国有化もそうだ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]