/

この記事は会員限定です

アップルがかじった禁断の果実 巨額買収の裏事情

[有料会員限定]

次の一手で悩む米アップルが大胆な勝負に出た。30億ドル(約3000億円)もの巨額を投じて、ヘッドホン開発で急成長する米ビーツ・エレクトロニクス(カリフォルニア州)を買収すると発表したのだ。

2001年に携帯音楽プレーヤー「iPod」を発売したのを皮切りに、消費者の音楽との接し方を一変させたアップル。その力を背景にデジタル革命を推し進め、この10年間IT(情報技術)の世界で「支配者」として君臨し続け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5145文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン