/

この記事は会員限定です

「動いた!」 意志を先読み、ロボット記者起動

[有料会員限定]

「自由に歩きたい」──。脳梗塞といった脳血管疾患や交通事故による脊髄損傷などで下半身に障害をかかえた人がもつ切なる望みだ。筑波大学発ベンチャーのサイバーダインが開発した「ロボットスーツHAL」はそんな希望をかなえてくれるものだ。脚が不自由な人の「動かしたい」意志をくみ取り、思い通りに立ち上がったり歩いたりできるよう脚の動きをアシストする。すでに介護施設での歩行トレーニングなど、実践の場で使われ始...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3765文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン