/

この記事は会員限定です

原発運用に誰でも発言 公開重視、英の会合に学ぶ

編集委員 滝順一

[有料会員限定]

原子力発電所の建設や運転などを意思決定するのに際し、地域住民らの考えをどのようにくみとるのか。英国ではすべての原子力施設に「サイト・ステークホルダー・グループ(立地点利害関係者グループ)」と呼ぶ意見交換の場を常設している。電力事業者や原子力安全規制当局が住民らに情報を提供する一方、広く関係者から意見を聞いている。

住民参加のあり方をどう考えているのか。対話会合で進行役(ファシリテーター)を務める...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3206文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません