/

この記事は会員限定です

スマホ個性は派生機で ソニーもサムスンも方針転換

ジャーナリスト 石川 温

[有料会員限定]

スマートフォン(スマホ)を製造するメーカーの戦略が大きな曲がり角を迎えている。これまでは各社を代表するフラッグシップ機で他社を超える競争をしていたが、急速に進むスマホのコモディティー化でその方針を維持することが徐々に難しくなってきた。そこで、各社が重視し始めたのはフラッグシップ機からの派生モデルだ。保守的になりがちなフラッグシップ機と違い、派生モデルは市場に合わせた個性ある設計にすることで他社と違...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2666文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

モバイルの達人

最新スマホの最速レビューから、最新技術動向、スマホを巡るビジネスの裏側など業界を知り尽くす「達人」がお伝えします。動きの早いモバイル業界の「次を読む」ためのヒントが満載。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン