2019年6月20日(木)

指紋認証・カメラでアップル超え狙う サムスン新端末を試す

(1/3ページ)
2014/2/25 15:02
保存
共有
印刷
その他

【バルセロナ=兼松雄一郎】スペイン・バルセロナで開催中の世界最大の携帯見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)2014」で韓国サムスン電子がスマートフォン(スマホ)旗艦機種「ギャラクシー」の新モデル「S5」を公開した。4月11日に世界150カ国で発売予定の最新機種に搭載した目玉機能をいち早く試してみた。

サムスン電子が採用した省エネモード。白黒表示など必要最低限の機能以外は利用できないようにできる

サムスン電子が採用した省エネモード。白黒表示など必要最低限の機能以外は利用できないようにできる

■日本先行機能が世界標準に

S5は、省電力モードなど、地味だが消費者のニーズに応えた基本的な機能を充実させ、使いやすい仕上がりになっている。

省電力モードに切り替えると、画面が白黒になり、インターネット接続、メール確認、通話、メモ、計算など限られた機能しか使えなくなる。放っておくとすぐに画面が消え、データ通信を休止し、位置情報データのやりとりなども自動的に止まる。こうした工夫で電池の持ち時間を通常モードに比べ7割以上増やした。

省電力機能は特に日本での強い要望に応えるために昨年、日本向け小型タブレット(多機能携帯端末)で独自に採用。これを世界標準のモデルにも搭載した。

従来、日系メーカーに比べ劣っていた防水・防塵(ぼうじん)性能でも、日常生活で水をかぶったくらいでは問題ない程度に改善した。

「ギャラクシー・ノート3」で人気があった使いやすいメモ機能も採用

「ギャラクシー・ノート3」で人気があった使いやすいメモ機能も採用

カメラの反応もいい。オートフォーカスを合わせてシャッターが切れるまでのスピードは0.3秒とスマホ最速だ。

高速データ通信ではLTEとWi-Fiを併用して動画像や音楽をダウンロードできるようにした。待ち時間のストレスも大幅に軽減する。

小型タブレット「ギャラクシー・ノート3」で人気があった書きやすいメモ機能もそのまま採用した。画面にペンで文字を書き込むとほとんど違和感なく瞬時に反映される。線の太さも選べ、簡単なメモであれば十分快適に使える印象を受けた。

■アップルの先行く指紋認証

注目されるのが指紋認証ボタンの導入だろう。S5のボタンを指でなぞるだけで、端末のロック解除や決済などが可能になる。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報