さよなら747 大量輸送時代切り開いた44年

(1/5ページ)
2014/1/31 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 「ジャンボ」の愛称で親しまれ、大型旅客機の代名詞だったボーイング747型機が、日本の空から姿を消しつつある。1970年の初就航から44年、ピーク時は国内・国際含め数多くの路線で活躍し、名実ともに大型機の代表選手となっていた飛行機だが、国内の民間旅客機で今も残るのは全日本空輸(ANA)の2機のみ。それも3月末で全て退役となる。大量輸送時代の先駆けとなり高度経済成長期以降のヒト・モノの動きを支え続け…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]