ITトレンド(日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

センチ単位に突入 スマホ位置情報に高精度化の波

(1/2ページ)
2014/1/16 7:00
共有
保存
印刷
その他

 スマートフォン(スマホ)向け位置情報サービスで新たな動きが注目を集めている。米アップルが1メートル単位で客の位置を捕捉できる「iビーコン」の導入を直営店で開始したほか、地下街やビル内でスマホ向けに位置情報を配信する技術の導入も各地で進む。全地球測位システム(GPS)を補い、より厳密に場所を特定できるほか、これまで位置情報に縁がなかった場所もカバーが可能になりつつある。消費者の場所を照らし出す「灯台」の役割を果たすスマホの位置情報は、新技術の登場でますますその役割が大きくなりそうだ。

■日立などが推進する国産のIMES

日立製作所グループが開発したIMES送信機の例
画像の拡大

日立製作所グループが開発したIMES送信機の例

 地下街やビル内など、GPSの電波が届きにくい場所でのスマホ向け位置情報サービスで注目されているのが「IMES(インドア・メッセージング・システム)」だ。

 IMESは緯度や経度などの情報をGPSと同じ周波数帯で発信する送信機を屋内に設置するシステム。GPSの電波が届かない高層ビルをはじめとする屋内や地下でも、利用者のスマホなどの機器がIMESの電波を受信すれば位置情報を取得できる。日本版のGPS「準天頂衛星」と組み合わせて屋内でも高い精度で位置を把握する仕組みとして、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した。

 IMES送信機の開発に積極的に取り組んでいるのが日立製作所グループだ。GPSを使った衛星測位と屋内に設置した各種センサーを組み合わせ、屋外から屋内へ移動する人や物の位置を途切れることなく把握できるシステムなどを開発している。屋外ではGPSを、屋内では無線LAN(構内情報通信網)「Wi―Fi」の基地局やIMESを組み合わせて、利用者の位置を把握する。

 日立は既に、これらの技術を組み合わせた位置情報システムの導入を提案中だ。工場の内外を移動する従業員や物資運搬の効率的な管理、地下街など商業施設での来店客の誘引、非常時の避難誘導などで威力を発揮すると期待を寄せる。

 IMESの専用受信機を開発する企業も登場している。佐鳥電機は、寸法が名刺大のIMES受信機を開発、送信機などインフラ整備にあわせ、早ければ来年度にも販売する意向だ。「ショッピングセンターで来店客に端末を貸し出したり、病院で患者の位置管理に使ったりする」(佐鳥電機)などの用途を想定している。

 一方、アップルが開発したiビーコンは、わずか1メートル程度の近距離での位置確認が可能な技術である。商店の特定の陳列棚の前にいるなど、GPSでは難しかったピンポイントでの位置補足をできる点が特徴だ。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

ITトレンド(日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「au HONJOWASEDA」の外観に従来のauショップらしさは感じられない

au店に鎌倉ベーカリー併設 3カ月で見えた相乗効果 [有料会員限定]

 KDDI(au)の携帯電話販売店「auショップ」でパン店を併設する店舗が登場した。なぜ携帯電話とパンが結びつくのか。そこには携帯電話販売店が直面する課題の解消という深いワケがある。
 埼玉県本庄市にあ…続き (10/19)

富士通の翻訳機はクリップ型で、看護師らの両手がふさがっていても使える

国内勢が自動翻訳でタッグ 五輪へ「言葉の壁」挑む [有料会員限定]

 日本語の自動翻訳が観光地や救急現場に広がりつつある。「いつから痛みを感じますか」「身分証はありますか」。消防署の隊員がタブレットを操作し、訪日外国人客に自動翻訳された機械音で呼びかける。音声翻訳アプ…続き (10/12)

電気自動車のモーター音の周波数を登録すれば、車両の接近を知らせることもできる

スマホの次は「耳端末」 NECがヒアラブルで勝負 [有料会員限定]

 米アップルのスマートフォン(スマホ)「iPhone」の登場から10年がたつ。スマホは急速に普及し、企業のビジネスモデルや消費者の生活スタイルを変えた。「ポストスマホ」の携帯端末は何だろうか。NEC…続き (10/5)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

10月20日(金)

  • ビットコインに11月再分裂の危機、前回より事態は深刻
  • 米国でAIスピーカーとHA機器の導入が急増
  • 機械学習で「雑草だけに除草剤」―米農機大手ジョンディアは、新興ロボット企業の買収で農業を進化させる

日経産業新聞 ピックアップ2017年10月20日付

2017年10月20日付

・米ツナミ、VRで部品組み立て研修
・サイバーブル、電子看板にネット動画広告配信
・モフィリア、指先1つで静脈認証
・何でもつかむぞ万能ロボハンド 東北大、柔軟に変形
・フジクラ、伸縮・曲げ自在な電子回路…続き

[PR]

関連媒体サイト