2018年8月17日(金)

大相撲がニコ動に 「超会議場所」開催、4月幕張
ドワンゴ、ニコニコ超会議3の概要を発表

(1/3ページ)
2014/1/9 19:49
保存
共有
印刷
その他

 今年4月26~27日の「ニコニコ超会議3」に大相撲巡業がくる。超会議は動画サイト「ニコニコ動画(ニコ動)」が毎年、千葉市の幕張メッセで行っている大規模イベント。3回目となる今年は大相撲を目玉に据え、横綱白鵬をはじめ総勢250人が参加し、盛り上げる。そのほか、60万人以上の登録会員がいる台湾でもイベントを開催し、幕張メッセと生中継でつなぐなど、新企画が目白押しだ。任天堂を筆頭とする計69社の協賛・出展も決まった。

「超会議場所」の発表直後にステージに現れた横綱白鵬

「超会議場所」の発表直後にステージに現れた横綱白鵬

 「若い方々に相撲を知ってもらって応援してもらいたいという気持ちがありますし、新しい時代がくるんじゃないかという興奮とうれしい気持ちでいっぱいです」――。

 9日、ニコニコ超会議3の開催概要発表会の終盤で突然、「超会議場所」が発表され、ステージには横綱白鵬が登場。会場の観客と生中継の視聴者を興奮の渦に包んだ。

 会場で約10万人、ネット中継で延べ約509万人の参加者を集めた昨年の超会議。サプライズは、任天堂が特別協賛し、自衛隊が本物の戦車を持ち込み、自民党はじめ各政党が参加したことだった。自ら上げたハードルを、主催者のドワンゴは見事に越えてみせた。

■幕張メッセのホールに土俵、ネット中継も

 幕張メッセのホールに設けた土俵に、2日間にわたって横綱を筆頭とした幕内力士が登場する。2日目は地方巡業と同じくトーナメント戦を行う。土俵近くの「砂かぶり席」などは別途、チケットが必要だが、一般の来場者も遠目から見学できる。詳細は未定だが、来場者が力士と相撲をとるといった企画も用意される見込みだ。

 ニコニコ動画と大相撲の縁は、角界が八百長問題で揺れた2011年に端を発する。テレビ中継が行われなかった「五月技量審査場所」の全取組をニコ動が生中継。延べ160万人が視聴し、拍手を示す「88888」など16万件近くのコメントが書き込まれた。

 その後、テレビ中継が始まりニコ動の中継はなくなったが、機会をうかがっていたドワンゴ側が今回の企画を打診し、日本相撲協会も快諾した。大相撲のネット中継が久々に復活するということにもなる。超会議場所の協賛には、住宅情報誌「suumo(スーモ)」を抱えるリクルートがつくことになり、会場の笑いを誘った。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報