/

この記事は会員限定です

試練のコンテンツ輸出 オタク頼らずど真ん中勝負

2014 テクノ・レーダー(3)

[有料会員限定]

2014年は、国内で生まれたコンテンツが海外市場へと飛躍できるか本当の意味で試される年になる。デジタル革命により日本人作家やアーティストが国境を越えるハードルは間違いなく下がった。しかし依然として輸出できているのはアニメやコミック、アイドルなどごく一部の「オタク文化」ばかり。「クールジャパン」の名の下に政府は官民ファンドなど入れ物作りには力を注ぐが、肝心の中身が伴っていない印象はぬぐえない。

IT...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4517文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン