2018年8月19日(日)

ちっぽけなミドリムシが地球を救う (出雲充)

(1/3ページ)
2014/1/3 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 体長わずか0.05ミリメートルの「ミドリムシ(学名ユーグレナ)」。光合成によって自ら栄養素を生み出す植物と、自在に泳ぎ回る動物の、両方の性質を兼ね備えた藻の一種だ。ユーグレナ(東京・文京)の出雲充社長は、この小さな生き物が世界の食料危機やエネルギー問題を解決すると信じて2005年に会社を立ち上げた。2014年、出雲氏らが育てたミドリムシは大増殖し、様々な商品として世界に広がろうとしている。

■僕は

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報