/

起業コンテスト東京1位、今年は異色の「出会い系」

 社会人や学生が起業アイデアを競い合う世界規模のコンテストが今年も開かれた。この東京大会で優勝したチームが異色だ。提案したアイデアは「出会い系」サービス。日本では怪しげな印象を与えかねないビジネスで、一般に広く普及しているとはいえないが、メンバーはそこに商機ありとにらむ。

「54時間でオモイをカタチに そして世界への切符を手にしませんか」――。11月22~24日、東京・六本木のグーグル日本法人オフィスで開催された「スタートアップウィークエンド」。ここで、夢抱く若者が起業アイデアを競い合った。

スタートアップウィークエンドは同名の米非営利団体が主催する世界規模の起業コンテスト。毎年11月、世界大会への出場権をかけた「グローバルスタートアップバトル」が各国・各都市で開催されている。

昨年11月の東京大会では、教師がレジュメ(授業内容)やノウハウを共有するためのコミュニティーサイト「SENSEINOTE(センセイノート)」が優勝。チームリーダーの浅谷治希氏はその後、LOUPE(東京・目黒)を起業し、事業化を目指している。

世界約200都市で予選大会があった今年は、米グーグルやアマゾン・ドット・コムなど著名IT起業が協賛についた。各都市で勝ち抜いたチームのみ、世界大会への出場権のほか、米グーグル本社への招待や2万ドルの出資などがかかった世界予選(11月27日~12月7日)に進むことができる。東京大会の優勝チームは惜しくも次のステップへの権利を逃したが、その内容が風変わりだ。

国内では「いかがわしい」印象、なのになぜ?

優勝チームが提案したアイデアは、スマートフォン(スマホ)向けアプリ「PeKu(ペク)」。見ず知らずの男女が知り合い、チャットで交遊を深め、デートにこぎ着けるまでをサポートするという、出会い系のサービスである。

出会い系といえば、未成年者を巻き込んだ犯罪の温床にもなったことから「出会い系サイト規制法」が制定されるなど、国内では「いかがわしい」印象が強い。大人の「婚活」支援では、古くから結婚紹介所のようなサービスが乱立しており、近年ではインターネットを介した紹介サービスも多数、登場している。スタートアップのベンチャーにとって良い環境とはいえない。

だが、ペクは満場一致の評価で優勝した。なぜメンバーはあえて出会い系のサービスを選択したのか。そして、何が評価されたのか。

「海外ではいろいろな"デーティングサービス"があり、若者が当たり前のように使っているけれど、日本だとそうでもない。『出会い系』のイメージが悪いことは承知しているが、そもそも日本の男性のコミュニケーション能力にも問題があるのではないか、と考えた。会話下手な男性を強力にサポートするサービスがあれば、日本でも受け入れられるかもしれない、というのが発端」

現在、9人いるペクのチームメンバーの1人、田邉政喜氏は、こう説明する。海外と日本のギャップ。そこにチームが着目したのには理由がある。

オランダ、台湾、中国、米国……異色の国際チーム

じつは、アイデアの発案者でリーダーはオランダ出身のバート・ジェレマー氏。現在はオーストラリアに在住しており、日本への旅行の際、ふらりと東京大会に参加した。

ここに集まったのは、国内投資会社に勤める台湾出身者から早稲田大学に留学中の中国出身者、ビデオゲーム業界で働く米国出身者、東京大学大学院に通うベトナム出身者など。東京大会にもかかわらず、当初メンバー11人のうち外国人が5人と、異色チームが結成された(その後、日本人2人が脱退)。チーム内のコミュニケーションは常に英語だ。

米国出身者のデイビス・エリオット氏はこう話す。「アメリカでは男女ともに、『Tinder(ティンダー)』をはじめとするいろんな出会い系アプリを日常的に使っている。友だちからはネガティブな意見を聞いたことがない。僕も実際にスマホで使って出会ったことがある」

前出の田邉氏はこう補足する。「日本での出会い系サービスは、いかがわしいものと、高いお金を払う結婚紹介所的なものに二極化している。そうではなく、みんながカジュアルに安心して使えるサービスを目指した。差別化ポイントはコミュニケーションをサポートする機能。出会ったばかりの男女だと会話が続かなくて関係が終わっちゃったりする。会話が盛り上がらないと何も始まらない」

アプリが会話の「ネタ」を提供

チームのアイデアはこうだ。まずユーザーはアプリをダウンロードし、フェイスブックのアカウントでログイン。すると、フェイスブックでの登録情報や、過去の「いいね!」、投稿内容などから各人の趣味嗜好を自動的に抽出し、マッチングする可能性が高い「お相手」を紹介する。この時、アプリ画面には「お2人の共有の趣味はサッカー、料理」「相手が興味がある話題は旅行」といった、マッチングの根拠が示される。

マッチングが成立したら、2人はアプリのチャット機能で交遊を深める。ここで活躍するのが、アプリの会話サポート機能だ。

フェイスブックの情報から、2人の興味関心が高いと思われる「ネタ」を男性側のチャット画面に提供する。例えば、「週末はサッカーの試合を観にいきますか?」「どのサッカーチームが好きですか?」「フットサルの経験はありますか?」といった具合。男性は、その会話例をそのまま送信してもよいし、自分なりに少し加工して送ってもよい。

「今後は質問数や、その精度をどう上げていくかを考えていきたい。目指すところは自然言語処理。かなり高い技術的なハードルがあるけれど、メンバーで解決していきたい」(田邉氏)

アプリの利用料は基本無料。収益化は、実際にデートにつながった際、「このレストランはどうですか?」と2人に提案し、成立したら飲食店から紹介料を得るといった「アフィリエイト」を考えているという。

グーグル日本法人の社員も評価

米国やブラジルの若者のあいだでは、位置情報を用いた新手の出会い系アプリ「Tinder」が大流行している。こうした流れに続きたいともくろむPeKuのアイデアを、グーグル日本法人の社員など3人の審査員が全員一致で支持し、PeKuは優勝した。ある審査員は「僕はこのサービスが大嫌い。でも、話題になる可能性はある。そういうサービスの方が面白いんじゃないか」と評価したという。

今後、チームメンバーは3カ月以内にアプリの試作品を完成させ、ユーザーテストに臨みたいとしている。法人化の話はまだないが、メンバーの1人、米国人のエリオット氏はこう話す。「勤めているゲーム会社を辞めることを決めている。ビザの関係から、来年6月までには起業したい」。異色チームの異色アプリは日の目を見るか。

(電子報道部 井上理)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン