スマホでライブ「生鑑賞」 レディー・ガガも手軽に

(1/4ページ)
2013/11/20 7:00
保存
共有
印刷
その他

音楽ライブを自宅のパソコンや移動先のスマートフォン(スマホ)へネットで生中継する動きが活発になっている。米アップルは9月、レディー・ガガやケイティ・ペリーら大物アーティストを含む約60組のライブを英国で開催。その模様は日本を含む世界100カ国へ同時に配信された。国内でも野外フェスなどを生中継する例が今夏相次いで話題を呼んだ。先進的なところでは、自宅のピアノを遠隔操作してアーティストの演奏をそっくり再現するヤマハのような取り組みも出てきた。

どこにいてもライブ会場の興奮を気軽に楽しめる「ライブ生中継」は、アーティストとファンの接点を濃密にする新しい試みといえる。音楽業界はCD販売や音楽配信が引き続き低調だが、IT(情報技術)の力とライブの魅力をかけ算することで再び成長路線へ転じる機運が高まる可能性がある。

■アップルは毎年9月に無料提供、今年はガガなど

米アップルが9月に開催したライブ生中継イベントでは、初日にレディー・ガガが登場。全世界100カ国にその様子が生中継された

米アップルが9月に開催したライブ生中継イベントでは、初日にレディー・ガガが登場。全世界100カ国にその様子が生中継された

「大物アーティストが自宅に来てくれ、自分の部屋でライブを行ってくれたかのよう」。都内在住の宮本亜紀子さん(仮名、33)は興奮した面持ちでこう話す。洋楽ファンの彼女が大好きなレディー・ガガのライブがアップルの主催で9月1日に英国で行われた。スマホ「iPhone」やタブレット(多機能携帯端末)「iPad」などに専用の無料アプリ(応用ソフト)を入れライブの開催時刻に開くと、現地の生々しい映像が自宅などで視聴できたからだ。

「"ガガ様"のライブチケットは世界中どこでも入手困難なプラチナ級。それが争奪戦にも巻き込まれず会場に足も運ばずに日本の自分の部屋で手軽に楽しめるなんて」(宮本さん)。自宅と英国のライブ会場が一体になったような錯覚に陥り、一人でノリノリで大騒ぎしてしまったという。

アップルのライブ生中継イベント「iTunesフェスティバル」は今年で7回目の開催。同社の音楽配信サービス「iTunesストア」の宣伝を目的としたもので、現地ライブの入場もタダならスポンサーも募らない。無類の音楽好きで知られた生前のスティーブ・ジョブズ氏が音楽との出会いの場として始めた、全額アップル持ちだしの販促イベントなのだ。毎回1カ月間実施し、連日入れ代わり立ち代わりさまざまなアーティストが英国の会場で演奏を披露、世界にその様子が一斉に発信される。

「iTunesフェスティバル」は今年で7回目の開催。1カ月にわたって連日ライブが開催され、今年は約60組が登場した

「iTunesフェスティバル」は今年で7回目の開催。1カ月にわたって連日ライブが開催され、今年は約60組が登場した

過去に出演したのはアデル、コールドプレイ、リンキン・パーク、ポール・マッカートニー、オアシスなどそうそうたる顔ぶればかり。生中継を見逃しても、後日録画で楽しむこともできる。テレビにつなぐセットトップボックス「アップルTV」があれば、自宅のリビングルームで家族や友人と一緒に盛り上がることもできる。

今年参加したアイスランドのロックバンドのシガー・ロスはiTunesフェスティバルの意義を次のように語る。「たくさんの人にリーチできるしすごくクール。世界中の新しいファンに音楽を紹介でき最高だ」(メンバーのヨンシー・ビルギッソン)。レディー・ガガのように11月に発売する新譜アルバムを一足早くお披露目する例もあり、アーティストの側も全世界のファンとの絆を一夜にして深めることができる格好の場だととらえ始めている。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]