/

この記事は会員限定です

イノベーションNEXT 「破壊者」自動運転技術が問う日本の突破力

(久多良木健)

[有料会員限定]
 テクノロジー界にあって常に「異端児」と形容されてきた日本人の一人がソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)元社長の久多良木健氏だ。ソニーのブラウン管テレビ「トリニトロン」全盛期に液晶の開発に没頭し、1994年にゲーム機「プレイステーション」発売にこぎ着けると、高性能半導体を心臓部に持つ家庭用スーパーコンピューターによるエンターテインメントを追求。ソニーやSCEを離れた後はインターネットに絡む次世代技術の開発を続けるとともに、大学の教壇にも立つ。未来を読む独自の視点で新商品を世に問うてきた久多良木氏が、日本のイノベーションのあり方を語る。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3699文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン