/

この記事は会員限定です

スマホが呼ぶ新型犯罪 ウイルス対策の常識壊れる

ラック 取締役最高技術責任者(CTO) 西本 逸郎

[有料会員限定]

ウイルス対策の常識が根底から壊れようとしている。スマートフォンのアドレス帳からメールアドレスをこっそり抜き取る事件が相次ぎ、以前のようなウイルス対策ソフト頼みの対策が有効に機能しなくなっているのだ。今サイバー犯罪の世界で何が起こっているのか。それを踏まえてわたしたちはどう行動すべきなのかを考えてみたい。

6億5千万通の迷惑メールが知り合いに送られた

9月25日、京都府警と大分県警はIT(情報技術)関連会社の元社長や元出会い系サイト運営会社の会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4036文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン