東北の漁場を救え ハイテク満載、世界最先端の調査船が始動

(1/4ページ)
(1/4ページ)
(1/4ページ)
2013/10/25 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

キンキ、カレイ、スケソウダラ――。日本の食卓を彩る魚たちが今、危機にさらされている。2年半前の東日本大震災が東北の漁場に壊滅的な被害を与え、現在も本格的な操業回復への道のりは遠い。陸上に広がったがれきの山は徐々に処理されつつあるが、実は海底の被害状況は正確に把握されていない。

手つかずだった「漁場の再生」を担うのが、海洋研究開発機構(JAMSTEC)が三菱重工業と共同で開発した最新鋭の調査船「新…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]