/

この記事は会員限定です

アップル、新型iPadが負うシェア挽回の重責

[有料会員限定]

米アップルが22日に開催する発表会で、タブレット(多機能携帯端末)「iPad(アイパッド)」の新製品などが登場する見込みだ。タブレット市場を切り開き一時は独占状態だったアップルだが、近年は米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」搭載端末などに押されシェア低下に歯止めがかからない。アップルはタブレット市場での主導権を握り続けられるのか。今回発表する新機種が命運を握る。

「iPad」「ミニ」の新モデルが登場?

アップルが米報道関係者などに送付した22日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2778文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン