新幹線・私鉄・ななつ星…最新鋭の鉄道車両は山口生まれ

(1/3ページ)
2013/10/2 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

山口県の南東にある下松(くだまつ)市。人口およそ5万6000人。瀬戸内海にかかる大橋を渡ると、夕日の名所として知られる笠戸島がある。この静かな街から、日本で最新鋭の鉄道車両が生まれていることは、よほどの鉄道ファンでない限り知らないだろう。

■敷地は東京ドーム11個分の広さ

JR山陽本線の下松駅を降りると、かわいらしい新幹線の絵を描いた看板が目に入った。もちろん下松駅に新幹線は止まらない。看板の文字…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]