/

丸ごとレビュー 裁断不要の新発想スキャナー 書籍などラクラク電子化

「ScanSnap SV600」を試す(上)

フリーライター 竹内 亮介

紙の資料や書籍をスキャンしてパソコンに取り込み、電子的なデータの形に変換して扱いやすくしてくれるのがドキュメントスキャナーだ。大量の資料と日々格闘するビジネスパーソンにとっては、机の周りをすっきりさせてくれる強い味方。ここ数年で急速に人気が高まり、さまざまなメーカーが製品を投入。おかげで家電量販店のスキャナー売り場はにぎやかになった。

ドキュメントスキャナーの老舗メーカーであるPFUが7月12日に発売した「ScanSnap SV600」は、これまでのものとは形も機能もかなり変わった製品である。特徴を一言でいえば、資料のステープルを外したり書籍の背表紙を切り取る必要がない「非破壊スキャン」が可能なのである。今回はこのユニークな最新型ドキュメントスキャナーの使い勝手について検証してみた。

冊子を壊さず読み込むため発想を転換

従来のドキュメントスキャナーはいずれもスキャンできる紙のサイズが限られていた。一般的にはA4判までに対応しており、コピー用紙に1枚ずつ印刷された資料ならそのままセットして読み取ることができる。

扱いが難しかったのが冊子型の資料や書籍だ。ドキュメントスキャナーは紙を1枚ずつ読み取っていく仕組みなので、そのままではセットできない。おかげでステープルを外したり背表紙を取り除いたりして、A4判大になるようカッターなどで切り刻まなければならなかった。ページ数の多い書籍の場合、裁断機を用意するかコピーショップなどに裁断を依頼する手間がかかっていた。

そこでPFUはドキュメントスキャナーの構造を一から見直すことにした。非破壊で冊子などをスキャンできるよう、机に置かれたページを開いた状態で上から撮影するというアイデアを思いついた。

低価格なドキュメントスキャナーをいち早く発売したPFUは、業界のパイオニアとも言える存在。「ScanSnap iX500」など従来製品は箱形をしていたが、最新のSV600では台の上にスキャン用の光源やセンサーを備えたヘッドが付いた形をしている。iX500の大きさが幅292×奥行き159ミリメートルだったのに対し、SV600の台の部分は幅210×奥行き156ミリメートル。本体だけなら一回り小さいスペースに設置できる。

SV600には黒い布が付いてくる。まずこれをSV600の手前に広げ、その上にスキャンしたい資料や書籍を載せる。スキャンボタンを押すとスキャンヘッドからライトが資料や書籍に向けて投射される。奥側から手前側に向けてライトが動き、それに合わせてヘッドに内蔵するセンサーが資料や書籍の表面を読み取る。

一連の動作を見ていると、まるでSF映画に出てくる未来の道具が目の前にあるかのようだ。黒い布の役割は、スキャンする紙がどこにあり、どこまでが紙なのかSV600が認識するガイドだ。光が投射されるのは黒い布の範囲だけだ。

SV600ではA3判の紙を横置きにしてスキャンできる。A4判の書籍なら見開きにして読み取れる。黒い布とSV600の台部分を合わせると幅525×奥行き484ミリメートルになる。ある程度広いスペースがないと、スキャン作業ができないことに注意が必要だ。

導入手順は簡単過ぎるほど

仕組みから想像できるように、従来製品のように紙の両面を次々と自動で読み込むことはできない。iX500などでは複数枚の紙をセットして連続して一気にスキャンできたので、ページ数が多い資料などでは重宝した。SV600の場合、非破壊になった代わりにページめくりは自分で1枚1枚やるしかない。ただし毎回スキャンボタンを押す必要はなく、紙をめくるとヘッドがそれを検知して次のスキャンを始めてくれる設定もある。

買ってきたばかりのSV600を使えるようにする準備作業は驚くほど簡単だ。ヘッドに張ってある運搬用のテープをはがし、パソコンに関連ソフトをいくつかインストール。あとはSV600とパソコンをUSBケーブルで接続すれば完了である。難しい作業はなにもない。パソコンがSV600を認識していることを確認したら、SV600の手前に黒い布を敷く。SV600と黒い布の厳密な位置合わせは必要ない。

読み込みたい資料や書籍を前述の通り黒い布の上に置く。何回か試したが、紙を置く場所や向きは特に気にする必要はないようだ。とにかく黒い布の上にあればOK。斜めに置こうが横や縦にずらそうがきちんとスキャンしてくれる。紙の向きなどはスキャン後ソフト処理で自動的に補正してくれる。

スキャンはSV600の土台部分にある「Scan」という大きめのボタンを押すだけ。スキャンにかかる時間は1回あたり約4秒。直後にパソコン上の専用ソフト「ScanSnap Manager」が自動的に立ち上がり、PDFファイルに変換する処理が始まる。

紙が複数枚ある場合は「継続読み取り」というモードをオンにしておけば、一つのPDFファイルとしてまとめてくれる。紙の向きの補正作業などを経て完成したPDFファイルは、「ScanSnap Organizer」と呼ぶ管理ソフトで閲覧できる。一般的な処理性能を備える筆者のパソコンでは、スキャン後の処理にかかった時間はわずか1秒前後。非常にスピーディーでサクサクと作業が進みイライラすることがない。

ScanSnap Organizerには、複数のPDFファイルを一つに結合する機能も用意されている。OCR(光学式文字認識)も可能で、文章を1文字ずつ認識してキーワード検索可能なファイルとして保存することもできる。

従来の箱形ではコピー機のようにセンサーと紙が接し合ってスキャンするが、SV600ではヘッドのセンサーから紙までの距離が長い。画質が気になるところだが、スキャン結果をじっくりみたがiX500との間に大きな差は見受けられなかった。

以上最新型ドキュメントスキャナーの導入手順と基本的な使い方をみてきた。簡単で分かりやすい操作方法や画質の良さに好印象を持った。面倒な準備がなく使えるのはIT(情報技術)に苦手意識のあるビジネスパーソンにとってはうれしいだろう。

なお本製品のおもしろさは今回だけでは語り尽くせないので、SV600の応用編を改めてお届けしたい。自動に頼らず手動モードに切り替えるともっとていねいな補正を施して美しい仕上がりを目指せる。またスキャン時に雑誌を押さえていた指が写り込んでもそれを消去する便利機能もある。ドキュメントスキャナーの利用者を長年とことん研究したPFUならではのかゆいところに手が届く使い方を紹介する予定だ。

竹内亮介(たけうち・りょうすけ)
 1970年栃木県生まれ、茨城大学卒。毎日コミュニケーションズ、日経ホーム出版社、日経BP社などを経てフリーランスライターとして独立。モバイルノートパソコン、情報機器、デジタル家電を中心にIT製品・サービスを幅広く取材し、専門誌などに執筆している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン