アメダス超える「ドコモ気象台」 防災に一役

(1/4ページ)
2013/9/2 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

最高気温41度の猛暑や各地で頻発する集中豪雨、深刻な水不足――。この夏は異常気象のニュースが連日のように伝えられた。自然の脅威に対処するには正確な気象情報が欠かせない。気象庁や民間気象情報サービス会社の独壇場かと思いきや、意外な会社が活躍していた。携帯通信最大手のNTTドコモである。

ドコモは全国に保有する携帯電話の基地局やビルの屋上などに、雨量計や風力計を併設。すでに気象庁「アメダス」の約2倍…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]