先読みサイエンス

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「地球史上最大の絶滅事件」に新説 2億5000万年前の謎
日経サイエンス

(1/2ページ)
2013/8/24 7:00
共有
保存
印刷
その他

 今から6500万年前に、恐竜など多くの生物種が死に絶える事件が起きたことは比較的知られている。だが、それをはるかに上回る地球史上最大級の絶滅事件が、約2億5000万年前にあったことをご存じだろうか。この事件では、有名な三葉虫など海洋生物種の実に96%が絶滅したといわれている。

 約2億5000万年前というと、地質年代でいうと古生代の末期にあたる。6500万年前に発生した恐竜の絶滅に関しては、巨大隕石(いんせき)の落下による地球環境の急変が原因とみられているが、古生代末には巨大隕石が落ちた確かな証拠は見つかっていない。

 では、いったい何が原因で多くの生物が姿を消したのか。様々な研究が行われてきたが解明されていない。そうした中、東京大学の磯崎行雄教授が新たな仮説を提唱、注目を集めている。統合版「プルームの冬」と呼ばれる仮説だ。

■海洋プレートの残骸が沈み地球を急冷

 地球は半径約6400キロメートルの卵に例えられる。卵の黄身と白身、殻に当たるのが、それぞれ中心核、マントル、地殻だ。また地球表面の約7割を占める海は、地殻とマントル最上部が合わさってできた海洋プレートで構成される。

 海洋プレートは長大な海底山脈(中央海嶺)で生み出され、大陸の手前にある海溝から沈み込む。沈み込んだ海洋プレートはマントル内部の深さ約670キロメートルで滞留し、滞留する海洋プレートが増え続けて臨界量に達すると一気に下降して、深さ約2900キロメートルのマントル底部まで落ちる。

 古生代末より少し前の時代に、そうしたことが起きたと磯崎教授はみている。

多様な生物が出現した約5億4000万年前の古生代初めから現在までを顕生代という。生物タイプの違いに応じて古生代、中生代、新生代の3つに分かれ、各時代はさらに細分化される。そうした時代の区切りの時代には規模の違いこそあれ、何らかの絶滅事件が起きている。グラフは横軸が時代、縦軸は絶滅した海生動物の科の数でJ・セプコスキーらの研究をもとにしたものだ。これを見ると、規模が大きかった絶滅事件が過去に5回あったことがわかる。これを「ビッグ5」という。それぞれ、オルドビス紀末、デボン紀後期、ペルム紀末、トリアス紀(三畳紀)末、そして恐竜などが絶滅した白亜紀末だ。この中でも絶滅の規模が最も大きかったのがペルム紀末、つまり古生代末の大絶滅だ。(グラフは磯崎行雄東京大学教授の資料による)
画像の拡大

多様な生物が出現した約5億4000万年前の古生代初めから現在までを顕生代という。生物タイプの違いに応じて古生代、中生代、新生代の3つに分かれ、各時代はさらに細分化される。そうした時代の区切りの時代には規模の違いこそあれ、何らかの絶滅事件が起きている。グラフは横軸が時代、縦軸は絶滅した海生動物の科の数でJ・セプコスキーらの研究をもとにしたものだ。これを見ると、規模が大きかった絶滅事件が過去に5回あったことがわかる。これを「ビッグ5」という。それぞれ、オルドビス紀末、デボン紀後期、ペルム紀末、トリアス紀(三畳紀)末、そして恐竜などが絶滅した白亜紀末だ。この中でも絶滅の規模が最も大きかったのがペルム紀末、つまり古生代末の大絶滅だ。(グラフは磯崎行雄東京大学教授の資料による)


  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワードで検索

地球



【PR】

先読みサイエンス 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ドイツ・イノベーション・アワード受賞者ら(最前列、胸に花を付けた5人が受賞者、左から4人目がドイツ大使、5人目が野依理事長)

日本の優れた頭脳に触手 欧州流「草の根科学技術外交」 [有料会員限定]

 ドイツの大手企業シーメンス、ダイムラー、メルクなどの幹部が日本の若手研究者らと談笑する――。今年6月、ドイツ大使館で開かれた科学賞の授賞式。シュタンツェル駐日ドイツ大使やノーベル賞学者の野依良治・理…続き (2013/8/26)

恐竜が絶滅した6500万年前よりもはるか前に地球史上最大級の絶滅事件があった

「地球史上最大の絶滅事件」に新説 2億5000万年前の謎

 今から6500万年前に、恐竜など多くの生物種が死に絶える事件が起きたことは比較的知られている。だが、…続き (2013/8/24)

産業技術総合研究所と宮本工業は、サーボプレスを使って200度以下でマグネシウム合金を鍛造する技術を開発

鉄道・車・航空機…応用へ夢膨らむ「マグネシウム合金」 [有料会員限定]

 次世代の高性能マグネシウム合金が相次ぎ開発されている。マグネシウム合金は実用的な金属の中で最も軽いことから、アルミニウム合金に代わって鉄道車両や自動車や航空機などへの応用が期待されている。強度や燃え…続き (2013/8/5)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

10月19日(木)

  • 「監視社会」として先進国の先を行く中国 ファーウェイ幹部が語ったパブリックセーフティーの現状
  • シャンタヌ ナラヤンCEOが語るAdobeの「いま」と「これから」
  • 10代女性のSNSは異次元、5Gアプリ委員会の調査で判明

日経産業新聞 ピックアップ2017年10月19日付

2017年10月19日付

・オプト、VRやARの履歴データ収集 販促に活用
・Wi―Fiに深刻な欠陥 IoT機器各社、調査急ぐ
・車いすの安全、AIが守る 上智大が技術開発
・大阪ソーダ、UVインク用樹脂 量産 プラスチック包装材向け
・図式で変わる製品設計 モデルベース開発、複雑な構造も円滑に…続き

[PR]

関連媒体サイト