「地球史上最大の絶滅事件」に新説 2億5000万年前の謎
日経サイエンス

(1/2ページ)
(1/2ページ)
(1/2ページ)
2013/8/24 7:00
保存
共有
印刷
その他

今から6500万年前に、恐竜など多くの生物種が死に絶える事件が起きたことは比較的知られている。だが、それをはるかに上回る地球史上最大級の絶滅事件が、約2億5000万年前にあったことをご存じだろうか。この事件では、有名な三葉虫など海洋生物種の実に96%が絶滅したといわれている。

約2億5000万年前というと、地質年代でいうと古生代の末期にあたる。6500万年前に発生した恐竜の絶滅に関しては、巨大隕…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]