/

この記事は会員限定です

スパイ問題で崩壊、米クラウドの安全神話 3兆円超の損失も

ITジャーナリスト 小池 良次(Ryoji Koike)

[有料会員限定]
 米中央情報局(CIA)の元職員、エドワード・スノーデン氏が暴露した「PRISM」プロジェクトが、米国IT業界に暗い影を落としている。データセンターに置いたアプリケーションをネット経由で企業や個人が利用する「クラウド」サービスから、米国政府が情報を秘密裏に収集していたことに、EC(欧州委員会)が猛反発。改善されない場合は正面から対決する姿勢を示している。ある市場調査では、米国以外のユーザー企業の約7割が米国のクラウドサービスについて利用を見直すと答えた。すでに約1割が利用をやめており、同様の動きはこれからも続きそうだ。その機会損失額は少なくとも215億ドル(約2兆1500億円)、最大で350億ドル(約3兆5000億円)にも達する。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3490文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン