/

この記事は会員限定です

アップルとローマ 二つの巨大帝国に魅せられて

「テルマエ」作者、ジョブズ自伝のコミック化に挑戦

[有料会員限定]

究極のお風呂を求めて主人公が古代ローマから現代日本へタイムスリップする「テルマエ・ロマエ」。2008年に連載が始まったコミックは、奇想天外な着想に加え正確な時代考証や練りに練った面白おかしいストーリーですぐに話題を呼んだ。2012年には阿部寛さんと上戸彩さんの共演で映画化され、公開後4カ月で興行収入約60億円と成功を収めたことは記憶に新しい。

原作者であるヤマザキマリさんが今、新境地を開くべく取り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り7636文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン