過酷なスマホレース、ドコモは「長男」NECを助けなかった
ジャーナリスト 石川 温

(1/3ページ)
2013/8/2 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 スマートフォン(スマホ)市場でのサバイバル競争が過酷さを増している。NECは7月31日、スマホの開発・製造から撤退すると発表。かつて電電ファミリーの「長男」格としてNTTグループとともに大きくなったNECだが、NTTドコモは救いの手を差し伸べなかった。NEC、ドコモの苦しい台所事情からは、苛烈な生き残り戦争になりつつあるスマホレースの行く末が見える。

7月31日、NECは子会社のNECカシオモバ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]