/

この記事は会員限定です

苦境KDDI、「つながりやすさ」で巻き返しなるか

ジャーナリスト 石川 温

[有料会員限定]
 KDDI系の通信会社であるUQコミュニケーションズ(東京・港)は29日、総務省から2.5ギガヘルツ帯の新たな周波数帯域の正式な割り当てを受けた。この周波数は、次期iPhoneで利用可能になると見込まれる高速通信方式「TD-LTE」向けの帯域。高速通信サービス「LTE」で、「パケづまり」やエリア誤記、通信障害などの不名誉なトラブルを連発したKDDIにとっては、起死回生の一手としてぜひほしかった免許だ。今秋に登場すると見られる次期iPhoneをにらみ、さっそく10月から新サービスを開始する予定。「つながりやすさ」と高速通信で押され気味だったKDDIが、新たな周波数帯域で巻き返しを図る。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3032文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

モバイルの達人

最新スマホの最速レビューから、最新技術動向、スマホを巡るビジネスの裏側など業界を知り尽くす「達人」がお伝えします。動きの早いモバイル業界の「次を読む」ためのヒントが満載。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン