ネット選挙「決戦の土日」 無党派の閲覧急増

(1/3ページ)
(1/3ページ)
(1/3ページ)
2013/7/19 7:00
保存
共有
印刷
その他

参院選で解禁された、インターネットを使った公示後の選挙運動がいよいよ山場を迎えている。これまでのところ盛り上がりに欠けている点は否めない。ただ前哨戦だった6月の都議選では、投票前日・当日の2日間に検索して候補者のウェブサイトを閲覧する有権者が急増する現象が起こった。ネットを活用してどの程度無党派層を取り込めるかは、「決戦の土日」までにコツコツ積み重ねてきた取り組みが鍵を握る。

■投票前日のアクセス

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]