/

この記事は会員限定です

3日でエンジン試作、3Dプリンターで「未来の工場」

[有料会員限定]
 3D(3次元)の設計データをもとに立体物を造形する「3Dプリンター(3次元造形機)」。自動車など「ものづくり」の現場を根底から変える画期的な技術として注目を集めている。鋳造業界でいち早く3Dプリンターを活用したコイワイ(神奈川県小田原市、小岩井豊己社長)は、「納入スピードは世界最速」(専務の小岩井修二氏)と自負する。それまで1カ月かかっていた部品を最短3日で完成させる早さを武器に、年間100社と取引し700部品の納入実績を誇り、トヨタやホンダなど国内大手だけでなく、昨年からはインドのタタ自動車に納入、6月には米ビッグスリーの1社から声がかかった。「未来の鋳物屋」ともいえる同社の工場を訪ね、ものづくり変革の一端を見た。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3710文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン