2019年5月21日(火)

量子力学、難解をわかりやすく 情報技術への応用を機に
日経サイエンス

(1/2ページ)
2013/5/25 7:00
保存
共有
印刷
その他

量子力学は怪しい。有名な「シュレーディンガーの猫」の話では、箱の中にいて見えない猫は「生きていて、かつ死んでいる」というヘンテコな状態になるとされるが、この説明に納得できる人は少ないだろう。

量子力学の数学的な特徴は球、古典力学のそれは例えば四面体で表される。数学的にはほかの多面体で表される理論があってもおかしくないが、現実にはこの2つだけが実現している。その理由を情報の原理から読み解く試みが進んでいる(イラストは木村元氏)

量子力学の数学的な特徴は球、古典力学のそれは例えば四面体で表される。数学的にはほかの多面体で表される理論があってもおかしくないが、現実にはこの2つだけが実現している。その理由を情報の原理から読み解く試みが進んでいる(イラストは木村元氏)

実をいえば物理学者の多くも、量子力学を完全に理解したと思っているわけではない。最大の理由は「量子力学が、物理的な意味はわからない抽象的な数式を出発点にしているから」だと芝浦工業大学の木村元・助教は指摘する。

量子力学を物理の原理を使って書き直し、もっとわかりやすくすることはできないだろうか──そんな研究が動き出した。きっかけは技術革新が著しい量子情報に関する研究だ。

■なぜそうなるか、わからない

量子力学の式を使って計算すると、実験で何が見えるかを正確に予測できる。その予測は、量子力学が登場してからこれまで百年にわたって、1度もはずれたことがない。だから皆、理論を信じているが、実のところ、なぜそんな方程式を立てていいのか、その式が物理的にどんな意味を持つのかについては、いまだによくわかっていない。アインシュタインが量子力学への疑問を示したことはよく知られているが、今もその問題は解決していないのだ。

一方、量子力学と並んで有名な相対性理論には、そのような困惑はない。「速く進むほど時間は遅くなる」など、言っていることは量子力学に負けず劣らず奇妙だが、理論の出発点が「光の速さは一定」という物理的な原理で、しかも実験で確認済み。そうした物理的な事実から話を始めれば、一見奇妙な現象も直観的に納得できる。本来相対的なはずの(光の)速さが観測者の動く速さに左右されないのなら、速さを決める時間と空間の方が相対的にならざるを得ない。

量子力学も相対性理論のように、抽象的な数学原理ではなく、物理的な原理から始めることはできないだろうか。近年、それを目指した研究が盛んになっている。新たな量子力学原理として最も有望視されているのは、ここ30年間に量子力学と深く結びついて発展してきた、情報技術に関する原理だ。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報