米ヤフー「在宅勤務論争」に欠落する3つの視点

(1/4ページ)
2013/4/15 7:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米ヤフーが在宅勤務を禁じる通達を出してから1カ月が経過した。「働き方の自由」と「生産性向上」の両立は洋の東西を問わず身近なテーマなため、この問題を巡って世界各国で議論が沸騰。当初はヤフーの決断に対して「時流に逆行する」など否定的な意見が多かったが、本当にそうなのだろうか。改めて背景を探ると、「ヤフー固有の事情」「女性トップ」「労働の質の変化」という3つの視点が抜け落ちていることが分かる。

■6月か

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]