ネット事業者が「ネット選挙解禁」に抱く期待と不安

(1/2ページ)
2013/4/14 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

公職選挙法(公選法)の改正案が通常国会で4月中にも成立し、13年夏に予定される参院選から、インターネットを使った選挙活動が解禁される見通しとなった。これまで立候補者のウェブサイトをはじめとする政治関連のコンテンツは、選挙期間中は更新できなかった。今後は選挙戦の高まりに合わせ、ネット上でも熱い議論が交わされそうだ。

ネット上で交流サイト(SNS)や掲示板、ブログサービスなどを提供している事業者も、…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。


電子版トップ



[PR]