2019年9月22日(日)

ツイッター有料化、グーグル匂い検索…米IT「ウソニュース」競う

(2/3ページ)
2013/4/2付
保存
共有
印刷
その他

グーグルは電子メールサービス「Gメール」の画面や文字を真っ青にする「Gメール・ブルー」も紹介した。

マイクロソフトは検索サービス「Bing(ビング)」のサイトをグーグル風に変更した

マイクロソフトは検索サービス「Bing(ビング)」のサイトをグーグル風に変更した

同社は様々な場面でマイクロソフト(MS)とぶつかっている。MSは基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」の次世代版として「ウィンドウズ・ブルー」を開発していると噂されており、それをちゃかしているとの見方が出ている。

そのMSは検索サービス「Bing(ビング)」で反撃した。サイトをグーグル風の簡素なデザインに変更し、幹部は「1997年からサービスがまったく進化していないとしたらどうなるか試してみた」とチクリ。「I'm Feeling Lucky」のボタンを「I'm Feeling Confused(紛らわしい)」とするなど手が込んでいる。

■起業家、古巣のウソに便乗

グーグルのウソに反応したのはMSだけではない。ユーチューブの共同創業者であるチャド・ハーリー氏は1日に動画関連の新サービス「MixBit(ミックスビット)」を発表した。このニュース自体はウソではないが、ツイッターを通じて「ユーチューブが閉鎖になるので、新ビデオサイトを立ち上げる」とつぶやいた。

ユーチューブの共同創業者が立ち上げた新サービス「MixBit」はユーチューブのウソに便乗した

ユーチューブの共同創業者が立ち上げた新サービス「MixBit」はユーチューブのウソに便乗した

このツイートに書き添えられているURLをクリックすると、MixBitのサイトが開き、そこには「ユーチューブは閉鎖になりました。ビデオの未来が間もなくお目見え!」と記されている仕掛け。古巣のウソをちゃっかり利用し、自らの新サービスを効率的にPRすることに成功したようだ。

MixBitに加え、ベンチャーでも気の利いたウソが目立った。

中でも「風刺がきいている」と評判になっているのは、クラウドコンピューティングサービスのボックスだ。スマートフォン(スマホ)を通じた決済サービスで注目を集めるスクエアと合併し、社名をPolyhedron(ポリへドロン、「多面体」の意味)に変えると発表した。

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。