/

この記事は会員限定です

「アンドロイドの生みの親」、モバイルの将来を語る

[有料会員限定]

スマートフォン(スマホ)の基本ソフト(OS)で約70%の世界シェアを獲得した米グーグルの「アンドロイド」。長年、同事業を指揮してきたアンディ・ルービン上級副社長が担当を外れた。ルービン氏は人事が発令される直前、日本経済新聞記者などのインタビューに応じ、モバイル向けOSの現状と進化について語った。アンドロイドの「生みの親」の目に映るアンドロイドとモバイルの将来とは――。

――アンドロイドは今年、世界...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2425文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン