「アンドロイドの生みの親」、モバイルの将来を語る

(1/3ページ)
2013/3/18 7:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スマートフォン(スマホ)の基本ソフト(OS)で約70%の世界シェアを獲得した米グーグルの「アンドロイド」。長年、同事業を指揮してきたアンディ・ルービン上級副社長が担当を外れた。ルービン氏は人事が発令される直前、日本経済新聞記者などのインタビューに応じ、モバイル向けOSの現状と進化について語った。アンドロイドの「生みの親」の目に映るアンドロイドとモバイルの将来とは――。

――アンドロイドは今年、世…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]