2019年7月20日(土)

サイバーエージェント、躍進支える「キラキラ女子」
サイバー流、女性活用の研究(1)

(2/5ページ)
2013/2/23 16:08
保存
共有
印刷
その他

前出のCMプロモーションはその一環。直近四半期(2012年10~12月期)の連結売上高は前年同期比27%増の408億円と増収だったが、営業利益が前年同期比68%減の15億円と減益になったのは、そのためだ。子会社を通じたソーシャルゲームの課金収入のもうけを一気に注いだ。

スマホ向けアメーバ事業全体のページビュー数の推移(決算資料より)

スマホ向けアメーバ事業全体のページビュー数の推移(決算資料より)

人員面では、ネット広告事業からアメーバ事業への職種転換などを進め、2011年末に全社の約25%にあたる約490人だったアメーバ事業の従業員数を、12年末までに全社の約40%にあたる約1000人まで増やした。今年1月にはヤフーにFX事業を売却、よりアメーバ色を鮮明にしている。急激なスマホシフトは、確実に結果を残しつつある。

■月間133億PV、中核担う若き女子プロデューサー

スマホで稼ぐアメーバ全体で得たページビューは、昨年12月で月間120億。それまでの1年間で約3.5倍まで伸ばし、今年1月は月間133億まで飛躍した。ちなみに、ネット国内最大手のヤフーがスマホで得たページビューは、昨年12月で月間99億(10~12月の平均)。スマホに限れば、すでに国内トップクラスのメディアに育った。

スマホ向けアメーバの会員数は今年1月で655万人。わずか半年で400万人以上も上乗せした。種まきの段階で本格的な収益化はこれからだが、それでも直近四半期、アメーバ事業全体の広告売り上げで、スマホ向けはパソコン向けを超えた。

スマホ上での仮想通貨の消費額は今年1月、10億円に達し、すでにフィーチャーフォン向けの売り上げを抜いてパソコンをも超えようとしている。こうした全社を挙げたスマホシフトの中核を担うのが、若き女子プロデューサーたちだ。

第一コミュニティ事業部の山崎ひとみ事業部長。黄色い人形は自ら手がけたサービス「きいてよ!ミルチョ」のキャラクター

第一コミュニティ事業部の山崎ひとみ事業部長。黄色い人形は自ら手がけたサービス「きいてよ!ミルチョ」のキャラクター

CMにも出演している山崎ひとみ(28歳、07年入社)は女子プロデューサーの筆頭格。入社以来10を超えるサービスをプロデューサーとして立ち上げた後、複数のスマホ向け人気サービスを扱う第一コミュニティ事業部の事業部長に就いた。50~60人の事業部は「山崎組」と呼ばれ、部屋の壁には姉御風の山崎のポスターが飾られている。

■「2つ以上、大ヒットを作ったら、本物」

山崎はパソコン向け仮想空間サービス「アメーバピグ」を、入社2年目でプロデューサーとして立ち上げた辣腕。ピグは自分の顔に似せた2頭身の分身「アバター」を操り、他のユーザーと交流するコミュニティーで、そのコンセプトや企画策定を山崎がこなした。

09年2月のサービス開始後、1カ月でユーザー数が10万人を突破。翌10年4月には300万人を超え、タレントの千秋、矢口真里らを起用したテレビCMも放映した。11年10月には1000万人を超え、派生サービスも含め巨大コミュニティーに育つと、山崎は「このままピグにいたら自分が腐っちゃう」と考え、自ら社長にスマホ向けアプリ開発への配置転換を志願した。

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

女性活用

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。