2017年12月13日(水)

夢中と依存の狭間 任天堂・岩田社長が守りたいもの
「3DS」「Wii U」の逆襲(後編)

(1/7ページ)
2013/1/13 14:59
保存
共有
印刷
その他

 任天堂の最新型家庭用ゲーム機「Wii U」が昨年末に発売されてから1カ月強。「驚きがない」と論評され、販売でも前世代機の「Wii」を超える勢いは見られない。しかし任天堂からすれば、Wii Uに込めた思いはまだ正確に伝わっていない。任天堂は何を実現しようとしているのか、岩田聡社長は何を守ろうとしているのか――。インタビューを通じて見えてきた。

 Wii発売から丸6年。Wii Uは据え置き型の家庭用ゲーム機で初めて、タッチパネル液晶画面が付いた「タブレット端末」のようなコントローラー「ゲームパッド」を採用した。が、株式市場やメディアの評価は、そのお披露目から今日まで厳しい。

 昨年11月に1万円台だった株価はWii U発売後、8000円台に下落し、年が明けても低迷したまま。「DSやWiiを超える驚きがない」「2画面によってゲームが複雑化する」などメディア各社やアナリストらの辛口な論調も残る。では消費者の評価はどうか。

 メディアクリエイト(東京・千代田)によると、Wii Uの国内販売は発売5週目となる1月6日までで69万4370台。最初の3週間はWiiに並ぶ勢いだったが4週目以降は減速、5週目の累計販売台数ではWiiと22万台以上の差が開いた。一方、北米におけるWii Uの累計販売台数は昨年12月末までに89万台。岩田社長は、この「成績」をどう見ているのか。

■Wii Uの魅力、「使えば使うほど『じわじわ』くる」

 「私はね、毎週の数字がどうかとか、何週目までの数字がWiiと比べてどうかとかって、あんまり意味がないと思っていて。一喜一憂してもしょうがないだろうと」

「Wii U」を使ったネットワークサービスを説明をする任天堂の岩田社長

「Wii U」を使ったネットワークサービスを説明をする任天堂の岩田社長

 「ただ(Wii Uについて)手応えがある半面、まだまだ我々がやらなければいけない、乗り越えなければいけない課題はたくさんある。その両面があると思っています」

 乗り越えなければいけない課題。その最たるものは、岩田社長自身も「Wii Uは、お客さんにご理解いただくのに少し時間がかかるだろうなと思っていた」と認めているように、テレビと手元に2画面があると何のメリットがあるのか、Wii Uの魅力をどう伝えるかだ。

 「購入いただいた方には、起動やソフトウエアの切り替えのスピードにご不満があることは別として、これは改善しますけれど、2画面に関しては、ああゲームパッドって持ってみると意外といいな、と思っていただけている。テレビ画面と組み合わさった手元画面の重要性やよさは、使えば使うほど『じわじわ』くるんですけれど、それはまだ使った人にしか伝わっていない」

■「DSは勝ち目がないと誰もが思った」

 しかし、人は革新性に後から気づくものだ。携帯型ゲーム機で初めて2画面を搭載したDSも、最初の評価は「さんざんだった」と岩田社長は振り返る。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ




[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報