/

この記事は会員限定です

ドコモ、もう1つの「一人負け」

LTE速度競争で出遅れ auの4分の1以下

[有料会員限定]

国民のおよそ2人に1人、6000万件の契約ユーザーを抱える携帯電話最大手のNTTドコモ。研究開発力と資金力、NTTグループのブランド力を背景に強大な通信インフラを構築し「全国どこでもつながる」「混み合っている都心部でもつながる」と地道に信頼感を醸成してきた。

しかし、創業20周年にあたる2012年は逆風が吹き荒れた。相次ぐ通信障害で企業イメージが傷つき、iPhoneの影に隠れてヒット商品の不在も重...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4822文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン