/

この記事は会員限定です

デジカメはスマホに潰されない、大苦境の中でも新たな胎動

台北科技市場研究 大槻 智洋

[有料会員限定]

スマートフォン(スマホ)の普及に圧迫されてデジタルカメラ市場が縮小」という現状を報告する記事があふれています。日本の民生用電子機器、最後の砦(とりで)である「デジカメも、もはやこれまでか」「コンパクト機(レンズ一体機)は存亡の危機」などという人も多くいます。

しかしながら―― ちょっと乱暴な表現を用いますが ――そうした意見は、カメラを舐(な)めすぎです。カメラという商品の特性を知ったら、そうで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4220文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン