/

この記事は会員限定です

カルビー 沖縄のアンテナ店で見えたアジア攻略法

限定品に手応え 米国は健康志向

[有料会員限定]
 少子化で国内市場が縮むなか、海外に成長の足場を求める食品メーカーの動きが加速している。ただ、国や地域によってブランドの知名度はまちまちで、外国人の嗜好や購買態度についても手探りの部分が多い。アジアや米国に照準を据えるカルビーは国内外のアンテナ店で、こうした「壁」を超えるヒントの収集に取り組む。食の分野でも、洋の東西を問わず老若男女が気軽に手を伸ばすスナック菓子。売り場で見えてきた海外攻略のツボは――。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2051文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連リンク

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン