/

この記事は会員限定です

価格破壊に挑む通信ベンチャー、米で第2次MVNOブーム

ITジャーナリスト 小池良次

[有料会員限定]

10月1日、米通信業界で話題となっているベンチャー企業、フリーダムポップ(FreedomPop)が携帯通信サービスを始めた。米国の携帯電話業界は、AT&Tモビリティーとベライゾン・ワイヤレスによる寡占化が進む一方、スマートフォン(スマホ=高機能携帯電話)ブームで携帯利用料も上昇している。そうしたなか「安い、簡単、速い、無料」をうたい文句にしたディスカウント事業者が相次いで生まれている。これら新興企...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3894文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン