ニュースの深層

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

スマホでエアコン操作 パナソニック断念の不可思議 経産省、今年度中に規制緩和へ

(1/4ページ)
2012/9/16 7:00
共有
保存
印刷
その他

 東京・六本木の六本木ヒルズ。9月10日から「パナソニック スマート家電ウィーク」と銘打たれたイベントが開催されていた。パナソニックの最新家電が展示され、多数のプレゼントやトークライブが花を添える。「スマート家電」を大々的にピーアールするキャンペーンだが、心なしか盛り上がりに欠けていた。何しろ目玉商品の目玉機能に、行政から物言いがついたのだから。

「パナソニック スマート家電ウィーク」のイベント風景(14日、東京・六本木ヒルズ)
画像の拡大

「パナソニック スマート家電ウィーク」のイベント風景(14日、東京・六本木ヒルズ)

 同イベントは六本木ヒルズのほか、表参道ヒルズやお台場ヴィーナスフォートなど都内4カ所で17日まで開催。中でも8月に発表し、10月に発売予定の新型エアコン「Xシリーズ」は、外出先からスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)で遠隔操作ができるとあって、イベントの目玉となるはずだった。ところがイベント最中の12日、水を差すような発表がパナソニックからなされた。

■中途半端なスマホ連携機能に

 「8月21日発表のルームエアコン『Xシリーズ』ニュースリリースの内容について、一部を次の通り変更させていただきます。ご迷惑をお掛けいたしますことを深くお詫(わ)び申し上げます」「スマート アプリ機能から『運転オン』に至る可能性のある『どこでもリモコン』機能、『myエアコン設定』機能を削除いたします」――。

パナソニックが発表したスマホ対応の新型エアコン「Xシリーズ」(右)。スマホの画面はスマート家電と連携する専用アプリ(8月21日)
画像の拡大

パナソニックが発表したスマホ対応の新型エアコン「Xシリーズ」(右)。スマホの画面はスマート家電と連携する専用アプリ(8月21日)

 Xシリーズ最大の特徴はスマホとの連携機能。別売りの無線機器を購入し、米アップルのスマホ「iPhone(アイフォーン)」や米グーグルのOS(基本ソフト)「アンドロイド」を搭載したスマホ端末に専用アプリをインストールすれば、外出先からでも電源のオンオフが可能になる。1カ月先までタイマー予約ができる「カレンダー予約」や、2つの温度の範囲で室温をキープする「ダブル温度設定」も売りだった。しかし、これらはすべて仕様から「削除」された。

 残った機能は、スマホからの「電源オフ」、スマホで電気代などを確認できる「エコ情報」など中途半端なものに。イベント会場にいたパナソニック社員はこう話す。「イベント直前にエアコンの説明パネルを急きょ作り直したりと、もうバタバタでした……」

 きっかけは、経済産業省からの1本の電話だった。

■法令の解釈を見誤ったパナソニック

 話は8月21日にさかのぼる。この日、家電復活に向けスマート家電戦略を推し進めるパナソニックは、満を持してエアコンの最上位機種、Xシリーズを発表した。

 説明会は盛況に終わり、「スマホでエアコン操作」など多くの記事や番組で紹介された。安堵の空気に包まれるパナソニック。しかし同じ日、経産省で家電製品の安全対策などを担当する製品安全課からかかってきた電話が、その空気を暗転させることになる。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

ニュースの深層 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

図1 千葉県柏市が導入しているデマンド交通「カシワニクル」の車両。運行は地元のタクシー会社に委託している。一定の経費のほか、利用者1人当たり1010円を市がタクシー会社に支払う仕組みだ(写真:柏市)

AIで運行効率化 高齢化社会救う「デマンド交通」 [有料会員限定]

 東京都心から30kmほど離れた郊外に位置する千葉県柏市。その旧沼南町地域で「カシワニクル」と大きく描かれた車両が走っている(図1)。予約に応じて利用者を運ぶ「デマンド交通」として市が運行する車両だ。…続き (10/11)

図1 新潟駅前に到着したBRT(萬代橋ライン)の連節バス。折り返しで青山行きとなった。現在の保有台数は4台で、多い時で1時間に3本、快速運行している(写真:日経コンストラクション)

新潟市の「バス高速輸送」 定時性確保に禁じ手 [有料会員限定]

 新潟市のBRT(バス高速輸送システム)、「萬代橋ライン」は一般にBRTの必須条件とされる専用道や専用車線が未整備のまま2015年9月に暫定開業した。従来の路線バスとの明確な違いは、2台の車体をつない…続き (10/3)

図3 LRTと路線バスなどほかの交通手段をつなぐトランジットセンターのイメージ。宇都宮市は、LRTを市内の東西を結ぶ基幹交通とすることで、バス路線を支線のように周辺に展開できるとアピールしている(資料:宇都宮市)

次世代路面電車 宇都宮、ゼロから整備で生みの苦しみ [有料会員限定]

 住民の老いと孤立が急激に進む地方では、自家用車に大きく依存する現在の交通体系はやがて成り立たなくなる。そこで、モータリゼーションの陰で低迷した公共交通を復活させる切り札と目されているのがLRT(次世…続き (9/29)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

10月18日(水)

  • 「監視社会」として先進国の先を行く中国 ファーウェイ幹部が語ったパブリックセーフティーの現状
  • シャンタヌ ナラヤンCEOが語るAdobeの「いま」と「これから」
  • 10代女性のSNSは異次元、5Gアプリ委員会の調査で判明

日経産業新聞 ピックアップ2017年10月18日付

2017年10月18日付

・百度の日本法人、部屋の壁に動画投映するAI照明 来夏に国内販売
・ソニーモバイル、筒型ロボット発売へ 家族の一員に
・楽しい運転、脳波で測る 産総研
・GMO ビットコイン採掘に100億円 独自半導体で中国勢に挑む
・三菱ふそう、トラックの機能をスマホで操作 車両データも遠隔確認…続き

[PR]

関連媒体サイト