モノづくりVB、成功の3法則 フォーカス・シンプル・センス

(5/5ページ)
2012/9/10 7:00
保存
共有
印刷
その他

先日もある起業家の集まるパーティーで、参加する外国人に日本と聞いて何をイメージすると聞いてみた。すると、不況だとか政治がだめだという話は一切なく、食事やサービスのクオリティーが素晴らしい、社会が安定していて、通りすがりのどの人も親切で信用できる、世界一おしゃれという答えが返ってきた。

多少お世辞はあったとはいえ、国内にいて見える日本像とはまるで違う。感性の時代。それは我々日本人にとって極めて大きなチャンスのはずだ。

意外かもしれませんが、シリコンバレーの海岸です。この海の先には日本が……(筆者撮影)

意外かもしれませんが、シリコンバレーの海岸です。この海の先には日本が……(筆者撮影)

■最後はリーダーシップ次第

最近日本に出張して経営者や幹部と話していると、大半の日本企業にとって「変えなくてはならないこと」「やるべきこと」はすでに明確になっているという印象だ。ただ、それも実行できなくては、ただの絵に描いた餅にすぎない。どんなに素晴らしい戦略やアイデアも、実行力次第である。

その意味で、"こんな人がベンチャー起業家として大成功する"のコラムで書いたような、強烈な個性や動機を持った経営者の実行力、つまりリーダーシップが不可欠である。

見渡してみよう。世界全体が不況と不安で包まれる中、世間から見ても何となく元気のある企業には一つの共通点がある。

日本でいえば、ソフトバンク、楽天、ユニクロ、トヨタ、日産自動車、日本マクドナルド等々。シリコンバレーでいえば、グーグル、フェイスブック、セールスフォース・ドットコム、オラクル等。それぞれ、強烈な個性とリーダーシップを持つ経営者が指揮をとっている会社ばかりである。

フォーカス、シンプル、センスに強いリーダーシップが掛け合わせることで、日本からも世界中を熱狂させるような製品やサービスが生まれることを願わずにはいられない。

在米ベンチャーキャピタリスト 伊佐山元 (e-mail: gen.isayama@gmail.com)
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]