/

「トレード前夜」 マリナーズとの間に流れた微妙な空気

スポーツライター 丹羽政善

「イチロー本人が、トレードを望んでいるんだが」

「ハハハ、冗談だろ?」

イチローの胸の内、測り損ねた球団

やり取りはあくまでも想像だが、オールスターブレイクが開けると、イチローの代理人、トニー・アタナシオ氏が、チャック・アームストロング球団社長に連絡を入れた。

社長はそのとき、真意を測りかねたという。「イチローがトレードを要求?」

当然だ。このころむしろ、チームは再契約のタイミングを探っていたのだ。トレードとイチローが、どうしても結びつかない。

しかし、本人の意思が固いことを知ると、契約延長どころか、残留の説得もあきらめ、アームストロング社長はイチローの希望に沿う形で、トレードの準備を始めた。

「まさか、こういう形になるとは……。これまで、何度か契約延長の交渉を申し入れた。最近では6月だが、いつも『今シーズン終了後まで待ってほしい』という返事だった。それでも、最終的には契約延長ができると思っていたのだが」

一方のイチローはトレードを求めた理由をこう説明している。

「20代前半の選手が多いこのチームの未来に来年以降、僕がいるべきではないのではないか」

社長の誤算は、イチローの胸の内を読めなかった、ということなのだろうが、チームにとって、本当にイチローの決断は"まさか"だったのか。

唐突な打順変更に表れた球団のイチロー評価

自分がいるべきではないと考えた経緯をイチローに聞けば「そんなこと、言えるわけないじゃないですか」と答えた。

「きっかけはそりゃありますよ。ただ単にそんなこと思わないでしょ。僕もいちおう人間ですから、過程はあるでしょう」

"言えるわけない"以上、推測するしかないが、例えば、エリック・ウェッジ監督の起用法は何を意味したのか。

分かりやすいのは、オールスター前の打順変更。7月7日のアスレチックス戦から、イチローの打順は1番から2番に変わり、ウェッジ監督が「将来は1番を打たせたい」と言い続けてきたダスティン・アクリーがリードオフに入った。

あのときイチローは「何でもありの状況だし、他の皆もそうやっている。僕もそういう気持ちでやる。結果を出していないからね」と話していたが、ウェッジ監督から、打順変更について、どういう説明があったのかと聞かれれば、「話はない。"報告"がありました」とだけ口にした。

報告だけ? マリナーズの看板を11年も背負ってきた選手の打順変更、しかも、今まで打ったことのない2番への変更が事後了承?

チーム作りの失敗、イチロー放出で清算?

対照的にイチローがトレードされた日、ヤンキースのジョー・ジラルディ監督は、イチローを監督室に呼んで、チームの中での役割、打順、守備位置などについて、説明している。

打順変更などマリナーズ内の処遇の微妙な変化に透けてみえたのは、いつかはやってくるイチロー引退後のシナリオを、チームが描きたがっていたという事実。

また、あれだけ若手をほぼ全ポジションで起用し、ゼネラルマネジャーや監督が、チームの再建、世代交代を口にすれば、イチローに限らず、ベテランは居心地が悪い。

トレード直後、地元のスポーツサイト「SPORTS PRESS NORTHWEST」がアンケートを行った。イチローのトレードをどう思うか? と。

「もっと早くトレードすべきだった」、「イチローをトレードすべきではなかった」といった選択肢が並ぶ中、「イチローのトレードは、トップが失敗を繰り返したことが原因だ」と答えた人が、なんと半分近くもいた。

毎年繰り返されるチーム作りの失敗。そのツケをイチローが払わされた、というのだが、そう考えるとこのトレードは切ない。

円満にみえた移籍の裏の心理劇

イチローは、移籍を決断した理由の一つとして、刺激のなさも挙げている。

「僕自身も環境を変えて、刺激を求めたいという強い思いが芽生えてきました」

毎年のようにオールスター前には、シーズンが終わってしまうようなチーム。ファンとて可能なら、イチローのように他球団に乗り換えたいとさえ、思っているだろう。

任天堂相談役の山内溥氏は今回のトレードに対して、「イチローさんにとってもマリナーズにとってもいいトレードではないかと思います」とコメントした。

結果として、その通りである。イチローは新天地で生き生きしている。チームは世代交代を加速させている。

円満そうな別れの情景だが、そこに流れていた空気はたとえばこんな感じだったのかも。

閉店間際のレストランで、イチローが一人で食事をしている。「ゆっくりしてってくださいね」。店員はそう声をかけるも、テーブルを拭いたり、のれんを下げたりと、後片付けにせわしない。

そこに流れる空気を察して、イチローは、静かに席を立った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン