/

この記事は会員限定です

素粒子物理学は新領域へ、「謎」の答えひしめく世界に踏み出す

「ヒッグス粒子」発見(1)

[有料会員限定]

質量の起源とされる素粒子「ヒッグス粒子」の発見が確実となった。年内に確定する見通し。素粒子物理学の基本である「標準理論」で最後に残っていた粒子を確認し、同理論が完成することになるが、科学者たちは何も残務整理をしていたわけではない。ヒッグス粒子発見は、見知った世界の果てにたどり着き、その向こうに広がる別の新しい世界へ一歩踏み出すようなものだ。そこには物理学の様々な謎の答えがひしめいているらしい。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2359文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン