/

この記事は会員限定です

盛田さんなら3Dテレビはやらない 新しい生活スタイルを提案せよ

ニッポン電機再生

[有料会員限定]

日本の家電メーカーの代表格であるパナソニック、ソニーの2012年度は最終損益がそれぞれ500億円、300億円の黒字になる見通しだ。両社ともに11年度の巨額の赤字からやっと黒字に転換するという内容。しかも、構造改革によるコスト削減の寄与が大半で、成長戦略を描いたものではなく、ちょっとした外部要因があればすぐにでも赤字に転落してもおかしくない数字といえる。加えて両社とも、テレビ事業についてはいまだに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4440文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン